現在のドイツフランクフルトのFKKはコロナの影響で多くが閉鎖中・・・アリーナ達は今?

FKK sharks

【HIDE氏とベンツGLでアウトバーンを疾走しFKKシャークスへ】

先日、あるFKKの常連さんと博多で高級もつ鍋を食べていた時の話です。
その方は鍵垢さんなので、B氏としますね。
狂犬のブログを読んでくださってる方はご存じの方も多いと思います(笑)。
FKK情報を凄くたくさん持っている方で、ドイツではレンタカーで行動し、
各クラブにオキニをつくる派の方です(笑)。
アリーナからもB氏の話は聞いており、今までSNSでのやりとりはありましたが、
実際にお会いするのは今回が初めてでした。

※B氏から画像を拝借
高級もつ鍋

 

ここのもつ鍋はプリプリでバリうまかばい(笑)。なんて思いながらもつを食べていた時、
B氏がおもむろにスマホを取り出し、「ホラッ!」と狂犬に画面を見せるではありませんか。
そこにはアリーナが写っており、「おおー、超懐かしい」と思いました。
しかしよく見ると、画像ではなく動画でした。

 

でも、なんか変なんです。

 

なんとなく狂犬のしぐさに反応してる気がしたんです。
画面の中のアリーナが、「ハーイ(^O^)/」とか投げキッスのしぐさをしている。
なんだか、ZOOM会議をしているような感覚なんです。
さらに画面をよく見ると、狂犬の顔がワイプで抜かれています。
そこで気づきました。

 

そう、

 

B氏は狂犬に、
リアルタイムでアリーナとのテレビ電話のサプライズプレゼントしてくれたんです。
何と粋な計らいではありませんか。時差もあるし、アリーナ側の都合もあるし、
絶妙にセッティングしてくれて、めちゃくちゃうれしい最高のお土産で、超感激しました。
この場を借りて再度お礼申し上げます!!

 

alina

【画像と口コミあり】初めてFKKを訪問するあなたへおすすめの女性は?

 

アリーナ達はコロナ禍でもしばらくドイツに残っていたようなんですが、
フランクフルトの大手FKKが一旦閉鎖になった今(追記:左記は2022年1月の話で、同3月の時点では復帰しています)、
現在はルーマニアに帰国しています。なんでも、今から美容室でオシャレをして、
どこかに出かけるのだとか。このプロ意識さすがです。

 

一般的に白人は劣化が早いと言われますが、
アリーナは、2014年に逢った時と全然変わっていませんでした。
短い時間ですが、元気な姿を見ることができ、あの特徴的な声も聞くことができ、
テンションが爆上がりでした。そして、早くドイツに行きたいと改めて思いました。

ところで、
B氏も言っていたのですが、やはりお土産(プレゼント)は女性の心を掴む、
大きなファクターになります。ちなみにB氏、
あのヴァネッサとも秒で連絡がとれる凄いお方です。

 

まだFKKを訪問したコトがない方は、
初回はヨーロッパ美女が好みそうなちょっと高級なお菓子でも持っていき、
オキニが出来たら、そのお菓子を渡します。その際、さりげなく好きなブランドなどを聞き出し、
次回それを持参する。

 

潤沢な資金がある方は、
これがおすすめの王道です。

 

日本のキャバ嬢にさんざん貢いできた狂犬だから言えるのですが(笑)、
FKKで働く女性の多くは、日本のキャバ嬢に比べプレゼントをもらい慣れていません。
だからこそ、ちょっとしたものでも本当に喜んでくれるんですね。

 

そして、いつも言ってますが、FKK嬢の記憶力は怖いくらい抜群です。
お土産を渡した時点で、お客さん以上の関係になります。

 

フロアですれ違う度にウインクしてくれたり、
椅子に座っていたら、通り際にボディタッチしてくれたり。
文字にすると、さりげないことなんですが、現場では「おおっ!」となります(笑)

 

「でもさ、狂犬、お菓子持って行ってもオキニができなかったら、どうしたらいいんだ?」
もちろん、そんな時もあります。答えは簡単です。
そんな時は、ホテルに戻って自分で食べればいいんです(笑)。

 

おあとがよろしいようで・・・

 

日本にいては絶対できない体験ができる。
そう、FKKならね。

スポンサードリンク

6 件のコメント

  • T本 より:

    B氏、狂犬さんの情報量は素晴らしいですね。。。
    たしかに日本のキャバとかでのコミュニケーション力があれば、FKKでも同じですね。
    小生は、コロナ停滞となっていた2021/11/17-28でFKK巡りに行ってきました。結果としては、FKKはコロナ前とほぼ同様に堪能できましたよ。
    航空券が安いだけで選んだエディハド航空の搭乗時の英語でのPCR検査結果の提示(基準が厳しい)でコストとドタバタありました。日本帰国後の14日間の自宅待機も地味に大変でした(1日に3回の携帯アプリを使った居場所確認)。
    FKKは、入場時に日本のワクチン接種証明の提示と連絡先(確認なしなのでフェイク可)記入が必要。25日からは2Gになり入場時に抗原検査(5ユーロ)が追加されました。
    前回のFKK巡りが2020年3月だったので、2年近く経っており女の子達は入れ替わっている様な気がしましたが、常連の女の子達もそこそこいたと思います。小生は常に新人狙いなので、大満足でした。
    日本人は少ないものの毎日1-2名は会いました。ヤマヤマ氏と思われる●●●似の●さん(●●●のふり)、FKKツアーの2人、フランス外人部隊の日本人、三菱商事内定の学生、デンマーク在住の北朝鮮人などコミュニケーションができて楽しむことができました。
    もうそろそろウィズコロナに移行して、コロナ前の様にFKKを楽しめるようになることを祈っております(英国もウィズコロナに舵をきった)。

    • 佐賀の狂犬 より:

      T本さん、コメントありがとうございます。また、とてもリアルな貴重な情報をありがとうございます。それにしても、この時期にFKKを訪問できるなんてとてもうらやましいです。行動力に感服です。僕もB氏も後、1~2年くらいすれば、以前の様に楽しめるのではと話をしていたところです。※コメの一部編集しています 狂犬

  • ギリギリ紳士 より:

    はじめて書き込みします!
    いつも楽しく読ませていただいてます。
    アリーナさんは自分がまだ学生だった2019年7月に一度相手してもらったことがあるので思い出深いです。
    そしてヴァネッサまで!
    ヴァネッサには何人か金を巻き上げられてるのを人を知っているので、さすがに怖がってみんな逃げ回ってましたw

    私は2021年の夏にフランクフルトとケルンに行きました。
    どこも基本的に女の子の数はコロナ前より減っていましたが、それでも久しぶりだからか十分満足できましたね。
    samyaはドイツならデュッセルドルフのGTの次に好きなクラブですが、一緒に行く予定だったケルンに住む友人の急用があり断念((泣)

    SHARKSは全体的に値上がったのか交渉が難しくなっていたのと若くてキレイな子が減ってスレた子が増えた印象でした。
    あと馴染みの子がいなかったので新たな子に何人か挑戦しましたがやはりなかなかサービスは渋いですねw
    でも一番人数が揃っていたのもここですね。

    oaseは馴染みの子たちがいたのでその子たち以外とは遊んでませんが、ざっと見た感じではレベルはけっこう高かったと思いました。

    今年も夏に行く予定なのでその時までには全開放のFKKになっていてほしいです!

    • 佐賀の狂犬 より:

      ギリギリ紳士さん、コメントと素敵なレポートありがとうございます。学生時代にFKK訪問とはうらやましいです。しかも、2021年と今年も訪問の予定とは!同士、いや兄弟ですねWギリギリ紳士さんがおっしゃるように早く全開放のFKKになってほしいですね。

  • 駐在A より:

    2022年3月にアリーナさんと遊んできました。
    たまたま入って歩いてたら目があったのがアリーナさんでジャグジー満喫した後にプレイ、
    というかプレイ中に「日本人慣れがすごいな」ということで気付きました笑。
    日本人最近全然見ないから嬉しい、とか色々言われ確かにまた会いたくなりますね。

    初なので雰囲気は分かりませんが金曜の午後4時くらいから一気に女の子が増えました。いつも通りなんですかね

    • 佐賀の狂犬 より:

      駐在Aさん コメントありがとうございます。SHARKSはもう平常運転なんですね。さすが日本人キラーのアリーナですね(笑)。日本在住の一般的な会社員だと、訪問にはもう少し時間がかかりそうです。狂犬。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください